読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこさんちゃんねる

WEBであったり、写真であったり、カメラであったり、旅行とか、なんかそんな感じとかでどうでしょうか。

LeicaM2とKodakPORTRA160の写真

多分五月の写真。 やっとこさ現像して、やっとこさデータ化したわけです。あ、モネの池もあるから、6月の写真もある。

一人暮らし始めました。

5月末にドタバタでお家を決めて、この前の土日に引っ越しを行いました。 というわけで、前々から作りたかった壁一面の本棚DIYをしました。 多分作り方はいろんなところに載っているので、今更あれですがきちんと(?)本を敷き詰める予定なので、耐久性も考えて…

あけましておめでとうございます。

(今年の年賀状はこんな感じのやつです) あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いしますです。

2015年に読んだ本200冊の中からなんか印象に残った本50冊の話

表題の件 なにげに今年は読書ブームだったみたいで、現在時点で200冊行きました。読了数。 いろいろ読んだな−ていう振り返りも兼ねて、面白かった本とかを羅列していきます。

乱れ読み。

// 面白そうな新刊があっても、「いやまだ名作とか名著って呼ばれてる作品読んでないじゃん?それ読んでから買えよ」ってゴーストが囁くんだけど、そうなると、1日数百冊、一ヶ月に数万冊と発刊される書籍が、どんどん入れ替わっていく。 こうも毎日読みきれ…

書きなぐり。読んだ本をどうするか

基本的に、 読んでいる時に気になった文章や言葉があればそこに付箋をして、 読み終わったらブクログで、読了にする。 その後、付箋のところを読書ノートに書き写す。 その後、読んだ本リストにタイトルと著者と三段階評価を書く その後、Evernoteに、読書メ…

石破茂『国防』

// 読了:2015-04-09 国防 (新潮文庫) 作者: 石破茂 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2011/07/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (16件) を見る なにかで紹介されてて、読んだ。 政治系はまったく読んでなかったんだけど、…

田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』

読了:2015-04-09 ジョゼと虎と魚たち (角川文庫) 作者: 田辺聖子 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 1987/01/01 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 70回 この商品を含むブログ (188件) を見る タイトルはよく聞くけど読んだことがなくて。 映画…

恩田陸「上と外」

【読了日: 2015-04-08,09 上と外〈上〉 (幻冬舎文庫) 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2007/10 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (42件) を見る 兄妹、冒険、海外、家族、経営、恋愛、 ゲームのような、映画のよ…

乙一「失はれる物語」と橋本紡「ふれられるよ今は、君のことを」

// 【読了日: 2015-04-07 失はれる物語 (角川文庫) 作者: 乙一 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/06 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 77回 この商品を含むブログ (249件) を見る たぶん、昔に読んだことがあると思う。 装丁が気に入ったので、ハ…

唯川恵「ヴァニティ」

// 【2015-04-05 読了 ヴァニティ (光文社文庫) 作者: 唯川恵 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2014/05/13 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る "「こんなはずじゃなかった」--悩みながら、泣きながら戦っているすべての“彼女”たちのために…

谷崎潤一郎「痴人の愛」

【読了日: 2015-04-02 痴人の愛 (新潮文庫) 作者: 谷崎潤一郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1947/11/12 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 123回 この商品を含むブログ (226件) を見る 北村薫さんや、恩田陸さんあたりの旧家、お嬢様が登場する本に「…

金城一紀「対話篇」

【4月1日読了 対話篇 (新潮文庫) 作者: 金城一紀 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2008/06/30 メディア: 文庫 クリック: 22回 この商品を含むブログ (76件) を見る 自分の読書メモ見たら対話篇の篇の字を扁って書いてた。ちょっと恥ずかしい。 「青春」系の…

【3月分】3/29~3/31

両親もブクログはじめてた。 3/29~3/31で、3日分だけど。読書メモ。 レベル7(セブン) レベル7(セブン) (新潮文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1993/09/29 メディア: 文庫 購入: 15人 クリック: 664回 この商品を含むブログ (197件) …

【3月分】3/22~28

3/22~28日分 4月から1冊ずつ書こうと思ったんだけど、諦めた。 お腹すいた 海賊とよばれた男 海賊とよばれた男 上 作者: 百田尚樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/07/12 メディア: 単行本 購入: 5人 クリック: 74回 この商品を含むブログ (98件) を見…

【3月分】3/15~21-ドドドッ

15日~21日までの読書メモ。 いちご同盟 (集英社文庫) 作者: 三田誠広 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1991/10/18 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 53回 この商品を含むブログ (69件) を見る 青春小説。テーマ・内容はなかなかヘビーなんだけどスラリ…

【3月分】3/8~3/14-ざっくばらんに

東京から名古屋間での電車内での時間つぶしの為にいくつか本を持って帰り、、、やっぱり実家でも本を仕入れて帰るという所業。 モゾに入っている本屋の中古コーナーが、なかなか品揃えがよくてええねんな。しかしあんまり古い本ないから、あれ。 夢幻花 夢幻…

【3月分】3/1~3/7-ミステリーものをウンタラカンタラ

一ヶ月10冊程読書していこうという2015年の目標は儚くも崩れ去り、1月は11冊、2月は16冊、3月は既に18冊と、空前の読書ブーム。3日に一冊、最近は1日1冊ペースで読んでいるんだけど、「暇人だな俺…」って思いつつ、深夜まで働いている人たちが多いなか、読書…

欲しい本管理するやつ

ブクログ・Amazonのウィッシュリストだと、 ・著者/出版社順のソートができない・一覧性無い ということで、古本屋で本を漁るときに右往左往して本を抱えたままお店の中をいったりきたりしなきゃいけなかったので、 自分で作ってみた。 欲しい機能が、 ・欲…

2月読了分/16冊。

// さっそく2月も終わりました。2月は結構積読も増えました。本を読み終わった後、ブクログで読み終わったリストにいれ、読了リストに評価をして、読書メモに書き出す、という一連の流れの後、「次何読もうかな~」とかんがえる時が至福です。 気になった…

本の管理、蔵書管理・欲しい本リスト等

だいたい数日に1冊は本を読んでいるんだから、その書評でも書いていけばいいじゃないとかね。 いやおいておいて。 蔵書管理は結構気軽にできると思うんです。 ブクログやら、読書メーターやら。 僕はブクログ派なんですが、いやもう物心ついたころからブクロ…

人をダメにするソファを買いました。

// たとえばもともとダメな人間がこのソファを買ったところで、さらにダメ人間になることはきっと無いだろうと思うわけで、普通のソファがほしかったんだけど置くところが無いわけで、 買うじゃん? 本棚の前においたのは、正解であり、間違いなんだけど、 …

気づいた。はてなブログが楽だって。/1月読んだ本

// Bloggerに少し移動してみたんだけど、なんかいろいろわかりやすいのが、はてなでした。 というわけで戻ってきた。 1ヶ月に10冊ぐらいにしておこうと決めたけど、ラノベ含めたら15冊。 ラノベ抜いたら11冊。 哀愁の町に霧が降るのだ〈下巻〉 (新潮文庫) 作…

2014年読んだ本のまとめ

3日に1冊だとして、1年に100冊ちょい読めたらいいなぁと思ってる。2013年は上京して1年目、社会人1年目ということもあり、127冊。そして、去年は2014年、2年目、よくわかんないけど93冊。 読書ログはブクログでとっているけど、ブクログだとラノベも漫画扱い…

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

[amazonjs asin="4062637251" locale="JP" tmpl="Small" title="パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)"] あまり東野さんの本は読んでないんだけど、本屋さんでたまたま見つけたので購入。 科学もの、理科もの?が多い中でも、今回は「記憶」に関す…

9月に読んだ本は12冊でした。

9月は12冊。 やっぱり波がありますね。最近は古典、ちょいと昔に流行ったもの、名著ものを読んでおります。 んで、やっぱり家でまったりと読書するのが一番いいんだけど、なんだか最近は家だと本を読む気にならずに、 ずっとPCを触っているので、、、それで…

『隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)』ジャック ケッチャム

Itと呼ばれた子を思い出した。 気持ち悪かったし、胸糞悪かったし、ぬぁあぁあってなったし。 文章自体は読みやすくて、それ故に頭に入ってきちゃって。 結構えぐかった。 厚さの割に早く読み終わった。 考えたくなかったからかなー。

『ワーカーズ・ダイジェスト』津村 記久子

あぁ、30代かぁ。って思いながら読みました。 なんだか、ほっこりするようで、しないようで、リアリティにあふれるものの、ありふれた物語なんだろうなぁって。 「意味がわからない」とすぐに言うやつにろくな人間はいない 音楽が鳴り始める。何の根拠もな…

『スキップ (新潮文庫)』北村 薫

// なかなか量の多い本だったけど、読み進めることが出来た。 言葉の言い回しはすごく面白い。 いま、生きてる時間が、とても貴重で、毎日を大事に生きよう みたいな教訓めいたもので締めくくられるものだとてっきり思ってた。 終わり方もきっとこうだろうな…

神保町ふらふら

// 古本屋の町、神保町をふらふら。 ○○全集とか、草書一覧とか、あぁ、これが本棚に入っていたら綺麗だなぁと思うけども、逃げ出すように渋谷のブックオフに。3,4時間ね。ぬぬ、これ105円コーナーにあるかも!とか、ハードカバーが!こんなに安い!とか。…

ひじょうベル。

「ひじょう」って変換すると、非常から、非情まで。さてはて「火場」も「ひじょう」って読むから深まる。火事が起ころうと、なんか変質者が現れようと、まあ起きないに越したことはない事件だけども、そこはかとなく押したくなるようなあのベル。いつもと変…

読書録

ブクログを使っているけども、ノートにリストも作ってる。まぁ、ブクログは、読了日表示がめんどくさい、なんだか紙に書きたい的な理由なんだけど。 それでいて、まぁ6月は読書月間の様で、計23冊を読みました。 ひと月でこんなに読んだのは初めてではないか…

東京で一人暮らしを始めて 3月で9冊 仕事が本格的に始まって 4月で5冊 5月病まっただ中の 5月現在で5冊 一週間に一冊というわけじゃないけど、 だーっと読む時もあれば、 ちょこんちょこんと読んで行くときもある波 ひと月に何冊とかいう目標も立てずに 適度…