読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこさんちゃんねる

WEBであったり、写真であったり、カメラであったり、旅行とか、なんかそんな感じとかでどうでしょうか。

MENU

2014年読んだ本のまとめ

本の話

3日に1冊だとして、1年に100冊ちょい読めたらいいなぁと思ってる。
2013年は上京して1年目、社会人1年目ということもあり、127冊。
そして、去年は2014年、2年目、よくわかんないけど93冊。

読書ログはブクログでとっているけど、ブクログだとラノベも漫画扱いではなく、「本」として計上されちゃうので、水増しされてる感ある。


tako3chの本棚 (tako3ch) - ブクログ

ラノベも、All You Need Is Killだったり、〈物語〉シリーズであったり萌え萌え絵が付いていないものも数多くあるから、境目はどこだよってなるけど。

で、ラノベを抜いた数を数えると、だいたい本が50冊超、ラノベは40冊ぐらいかな。

いちおうひと通り紹介。

 ☆1~3

啓発よりの本

 

部屋を活かせば人生が変わる

 

部屋を活かせば人生が変わる

 

 

  • 作者: 部屋を考える会

 

 

  • 出版社/メーカー: 夜間飛行

 

 

  • 発売日: 2013/11/05

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

 

 

 

 

 

 

☆1

お部屋大好きだから、こういった本をよく読むんだけど、何をもって人生が変わるのかって話だった。

 

グロースハッカー

 

グロースハッカー

 

 

  • 作者: ライアン・ホリデイ,加藤恭輔,佐藤由紀子

 

 

  • 出版社/メーカー: 日経BP社

 

 

  • 発売日: 2013/12/12

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

まぁさらっとさらう感じ。

 

 

図で考えるとすべてまとまる

 

図で考えるとすべてまとまる

 

 

  • 作者: 村井瑞枝

 

 

  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

 

 

  • 発売日: 2009/09/14

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 27人 クリック: 443回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

まとまらん

 

 

アイデアの直前 ---タグボート岡康道の昨日・今日・明日

 

アイデアの直前 ---タグボート岡康道の昨日・今日・明日

 

 

  • 作者: 岡康道

 

 

  • 出版社/メーカー: 河出書房新社

 

 

  • 発売日: 2013/02/21

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

あんまり覚えてない

 

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

  • 作者: 堀江貴文

 

 

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社

 

 

  • 発売日: 2013/11/01

 

 

  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

ちょっと意識高くなる

 

 

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

 

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

 

 

  • 作者: 佐藤可士和

 

 

  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社

 

 

  • 発売日: 2011/04/09

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 2人 クリック: 20回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

うーん

 

 

かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール (角川書店単行本)

 

かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール (角川書店単行本)

 

 

  • 作者: 仲島ちひろ(箱庭)

 

 

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店

 

 

  • 発売日: 2014/06/30

 

 

  • メディア: Kindle版

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

さらう感じで

 

 

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

 

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

 

 

  • 作者: 本田哲也,田端信太郎

 

 

  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

 

  • 発売日: 2014/07/30

 

 

  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

読んでて、なんだかめんどくさいなーって思った。

「本」関係

 

 

本を味方につける本 ---自分が変わる読書術 (14歳の世渡り術)

 

本を味方につける本 ---自分が変わる読書術 (14歳の世渡り術)

 

 

  • 作者: 永江朗

 

 

  • 出版社/メーカー: 河出書房新社

 

 

  • 発売日: 2012/07/19

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • クリック: 1回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

まぁ読み方とかはぞれぞれ

 

 

「本屋」は死なない

 

「本屋」は死なない

 

 

  • 作者: 石橋毅史

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 2011/10

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 2人 クリック: 16回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

書き方がわざとらしい

 

 

本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)

 

本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)

 

 

  • 作者: 内沼晋太郎

 

 

  • 出版社/メーカー: 朝日出版社

 

 

  • 発売日: 2013/12/11

 

 

  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

本屋さんやりてぇええぇええ!ってなった

 

 

本屋さんがくれた奇跡

 

本屋さんがくれた奇跡

 

 

  • 作者: 清水克衛,NPO法人読書普及協会

 

 

  • 出版社/メーカー: イースト・プレス

 

 

  • 発売日: 2010/10/29

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 1人 クリック: 9回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

自己啓発書。ぜんぜん

 

 

本屋さんで待ち合わせ

 

本屋さんで待ち合わせ

 

 

  • 作者: 三浦しをん

 

 

  • 出版社/メーカー: 大和書房

 

 

  • 発売日: 2012/10/06

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • クリック: 2回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆3

三浦さんの書評というか、おすすめ本晒し。よかったよ

なんかいろいろ

 

絶対音感 (小学館文庫)

 

絶対音感 (小学館文庫)

 

 

  • 作者: 最相葉月

 

 

  • 出版社/メーカー: 小学館

 

 

  • 発売日: 2002/09

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • クリック: 5回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

絶対音感をもってる人たちの話。

 

 

左対右きき手大研究 (DOJIN選書 18)

 

左対右きき手大研究 (DOJIN選書 18)

 

 

  • 作者: 八田武志

 

 

  • 出版社/メーカー: 化学同人

 

 

  • 発売日: 2008/07/20

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • クリック: 26回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

左利きさんのお話、まぁ、、、ちょっとダレるかな。

 

 

シュレディンガーの哲学する猫 (中公文庫)

 

シュレディンガーの哲学する猫 (中公文庫)

 

 

  • 作者: 竹内薫,竹内さなみ

 

 

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社

 

 

  • 発売日: 2008/11

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 7人 クリック: 97回

 

 

 

 

 

 

 

 

☆3

「哲学書」っていう感じに読まなくていいと思う。
あ、この人気になるな、って思ったらおすすめの本とか紹介してあるから、それを読んでみる、感じでいいと思う。

 

 

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)

 

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 妹尾河童

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 1983/07/27

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 4人 クリック: 51回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

この人の文章とか、面白かった。挿絵も綺麗だし。旅行したくなるやつ

日本語とか文章とか

 

日本語の作法 (新潮文庫)

 

日本語の作法 (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 外山滋比古

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 2010/04/24

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 2人 クリック: 4回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

読みやすくて、わかりやすい。エッセー。

 

 

「超」文章法 (中公新書)

 

「超」文章法 (中公新書)

 

 

  • 作者: 野口悠紀雄

 

 

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社

 

 

  • 発売日: 2002/10

 

 

  • メディア: 新書

 

 

  • 購入: 9人 クリック: 191回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

これもわかりやすかった。

 

 

発信力の鍛え方 (PHPビジネス新書)

 

発信力の鍛え方 (PHPビジネス新書)

 

 

  • 作者: 藤代裕之

 

 

  • 出版社/メーカー: PHP研究所

 

 

  • 発売日: 2011/09/17

 

 

  • メディア: 新書

 

 

  • クリック: 9回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

うーん

 

 

これからのメディアをつくる編集デザイン

 

これからのメディアをつくる編集デザイン

 

 

  • 作者: フィルムアート社,青山学院大学大学院社会情報学研究科ヒューマンイノベーションコース

 

 

  • 出版社/メーカー: フィルムアート社

 

 

  • 発売日: 2014/11/25

 

 

  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

装丁「は」きれい。

 

 

場末の文体論

 

場末の文体論

 

 

  • 作者: 小田嶋隆

 

 

  • 出版社/メーカー: 日経BP社

 

 

  • 発売日: 2013/04/18

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

ちょっと年齢選ぶかも

 

 

街場の読書論

 

街場の読書論

 

 

  • 作者: 内田樹

 

 

  • 出版社/メーカー: 太田出版

 

 

  • 発売日: 2012/04/12

 

 

  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

 

  • 購入: 3人 クリック: 21回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

読書遍歴とか。分厚かった。

 

 

ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

 

ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

 

 

  • 作者: 奥村倫弘

 

 

  • 出版社/メーカー: 光文社

 

 

  • 発売日: 2010/04/16

 

 

  • メディア: 新書

 

 

  • 購入: 8人 クリック: 240回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

電車の中でパラっと読む感じには軽い

 

 

いい文章には型がある (PHP新書)

 

いい文章には型がある (PHP新書)

 

 

  • 作者: 吉岡友治

 

 

  • 出版社/メーカー: PHP研究所

 

 

  • 発売日: 2013/02/17

 

 

  • メディア: 新書

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

書き方よりも、読み方とかかな?読解力?

小説

 

溺れる魚 (新潮文庫)

 

溺れる魚 (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 戸梶圭太

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 2000/12

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • クリック: 186回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1~2

面白かったかなぁ、、、初めの方は面白い気がする

 

 

誰かへの手紙のように

 

誰かへの手紙のように

 

 

  • 作者: 山田太一

 

 

  • 出版社/メーカー: マガジンハウス

 

 

  • 発売日: 2002/09

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • クリック: 2回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆3

感動系にはまっていた気がする。家族とか友達とか、そういったお話。
よかったです。

 

 

人質の朗読会

 

人質の朗読会

 

 

  • 作者: 小川洋子

 

 

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社

 

 

  • 発売日: 2011/02

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 2人 クリック: 55回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

これも感動系。ぱららっと読める。

 

 

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

 

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

 

 

  • 作者: 江國香織

 

 

  • 出版社/メーカー: 集英社

 

 

  • 発売日: 2000/04

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 1人 クリック: 41回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

めっちゃ気にいるわけでもないけど、めっちゃつまらないわけでもないけど、

 

 

シャドウ (ミステリ・フロンティア)

 

シャドウ (ミステリ・フロンティア)

 

 

  • 作者: 道尾秀介

 

 

  • 出版社/メーカー: 東京創元社

 

 

  • 発売日: 2006/09/30

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 3人 クリック: 38回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

道尾さんの本は読みやすいです。

 

 

笑うな (新潮文庫)

 

笑うな (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 筒井康隆

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 1980/10/28

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 14人 クリック: 183回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆3

筒井康隆さんの文章、歯切れがいいし、テンポもいい。

 

 

ア・ルース・ボーイ (新潮文庫)

 

ア・ルース・ボーイ (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 佐伯一麦

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 1994/05/30

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • クリック: 4回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

この本も読みやすかったです。若い時に読むのがいい

 

 

号泣する準備はできていた

 

号泣する準備はできていた

 

 

  • 作者: 江國香織

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 2003/11/19

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • クリック: 38回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

江國さんは男女の距離を描くのがうまいなーって。

 

 

東京タワー (新潮文庫)

 

東京タワー (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 江國香織

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 2006/02/28

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 1人 クリック: 21回

 

 

 

 

 

 

 

 

☆2

インスタントコーヒーが飲みたくなるのよ。

 

 

海と毒薬 (新潮文庫)

 

海と毒薬 (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 遠藤周作

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 1960/07/15

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 6人 クリック: 79回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

「深い河」よりも読みやすいと思う。重くもないし。

 

 

想像ラジオ

 

想像ラジオ

 

 

  • 作者: いとうせいこう

 

 

  • 出版社/メーカー: 河出書房新社

 

 

  • 発売日: 2013/03/02

 

 

  • メディア: ハードカバー

 

 

  • クリック: 4回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

震災関連本かな、泣いた。感動した。でも少し薄い感じがした。ドンッって感じはしなかった。

 

サクリファイス (新潮文庫)

 

サクリファイス (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 近藤史恵

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 2010/01/28

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 10人 クリック: 82回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

面白かった。ミステリー系。なかなかずっしり来た。

 

 

こんなにも優しい、世界の終わりかた

 

こんなにも優しい、世界の終わりかた

 

 

  • 作者: 市川拓司

 

 

  • 出版社/メーカー: 小学館

 

 

  • 発売日: 2013/08/22

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

市川さんらしい、一般受けしそうな感動本。

 

 

R.P.G. (集英社文庫)

 

R.P.G. (集英社文庫)

 

 

  • 作者: 宮部みゆき

 

 

  • 出版社/メーカー: 集英社

 

 

  • 発売日: 2001/08

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • クリック: 116回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

宮部さんの本って、分厚いのに中弛みしないんだよな。面白い。引き込まれる感じ。

 

 

他人の顔 (新潮文庫)

 

他人の顔 (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 安部公房

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 1968/12/24

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 6人 クリック: 19回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

 安部公房の代表作の一つ。砂の女よりも読みやすいと思う。かれこれ数十年前の本なのに古い感じがまったくしなかった。

 

 

 

永遠のとなり (文春文庫)

 

永遠のとなり (文春文庫)

 

 

  • 作者: 白石一文

 

 

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋

 

 

  • 発売日: 2010/03

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 1人 クリック: 13回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

いい本だよ。もっと年取ったらもう一回読みたい。

 

 

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

 

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

 

 

  • 作者: クラーク,池田真紀子

 

 

  • 出版社/メーカー: 光文社

 

 

  • 発売日: 2007/11/08

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 31人 クリック: 146回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆3

三大SF作家の1人のクラークの、SF小説の名作「幼年期の終わり」。すごく時間がかかった。途中でわけがわからなくなった。でも読み終わって、読んでよかったと思った。

 

 

シャイロックの子供たち (文春文庫)

 

シャイロックの子供たち (文春文庫)

 

 

  • 作者: 池井戸潤

 

 

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋

 

 

  • 発売日: 2008/11/10

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 4人 クリック: 143回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

池井戸さんの本を初めて読んだ。面白いやないか…どんでん返しもの。

 

 

バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)

 

バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)

 

 

  • 作者: 伊坂幸太郎

 

 

  • 出版社/メーカー: 双葉社

 

 

  • 発売日: 2013/03/14

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

人生の終わりの方のお話。面白い。伊坂さんの本は読みやすい。

 

 

空白を満たしなさい

 

空白を満たしなさい

 

 

  • 作者: 平野啓一郎

 

 

  • 出版社/メーカー: 講談社

 

 

  • 発売日: 2012/11/27

 

 

  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

 

  • 購入: 17人 クリック: 600回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

日蝕で少しこの人の本読むの怖いってなってたけど、この本はすごくさらさら読めました。どこかで読んだ気がするけど、昔読んだのかな

 

 

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)

 

ホワイトアウト (新潮ミステリー倶楽部)

 

 

  • 作者: 真保裕一

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 1995/09

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 2人 クリック: 44回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

なげぇ。

 

街の灯 (文春文庫)

 

街の灯 (文春文庫)

 

 

  • 作者: 北村薫

 

 

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋

 

 

  • 発売日: 2006/05

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 6人 クリック: 43回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

お嬢様のお話。スキップの方が好きかな

 

 

パーマネント野ばら (新潮文庫)

 

パーマネント野ばら (新潮文庫)

 

 

  • 作者: 西原理恵子

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 2009/03/02

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 8人 クリック: 41回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

漫画。読んで読んで。

 

 

霧舎巧傑作短編集 (講談社文庫)

 

霧舎巧傑作短編集 (講談社文庫)

 

 

  • 作者: 霧舎巧

 

 

  • 出版社/メーカー: 講談社

 

 

  • 発売日: 2007/04/13

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • クリック: 1回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

面白かったです。

 

 

ホテルローヤル

 

ホテルローヤル

 

 

  • 作者: 桜木紫乃

 

 

  • 出版社/メーカー: 集英社

 

 

  • 発売日: 2013/01/04

 

 

  • メディア: ハードカバー

 

 

  • 購入: 2人 クリック: 3回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆1

芥川賞受賞作。もう一声

 

 

満願

 

満願

 

 

  • 作者: 米澤穂信

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 2014/03/20

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆3

面白い。まとまりもよく、リズムもよく、よかったです。

 

 

マリアビートル

 

マリアビートル

 

 

  • 作者: 伊坂幸太郎

 

 

  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)

 

 

  • 発売日: 2010/09/23

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 11人 クリック: 168回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

グラスホッパーの続編かな。おなじみの顔ぶれ。どんなやつだったっけって忘れがち

 

 

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))

 

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))

 

 

  • 作者: ロバート・A・ハインライン,福島正実

 

 

  • 出版社/メーカー: 早川書房

 

 

  • 発売日: 1979/05

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 46人 クリック: 601回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

クラークと同じく、三大SF作家の1人のハインラインのSF小説の名作、「夏への扉」。長かった。時間かかった…
でも、最後のまとまり、収まりはよかったと思うよ。

 

 

ピカルディの薔薇

 

ピカルディの薔薇

 

 

  • 作者: 津原泰水

 

 

  • 出版社/メーカー: 集英社

 

 

  • 発売日: 2006/11

 

 

  • メディア: 単行本

 

 

  • 購入: 2人 クリック: 10回

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆2

津原さんの本初めて読みました。ミステリーものだけど、そこまでミステリー色もなく、さらりと読める本

 

 

若きウェルテルの悩み (新潮文庫)

 

若きウェルテルの悩み (新潮文庫)

 

 

  • 作者: ゲーテ,高橋義孝

 

 

  • 出版社/メーカー: 新潮社

 

 

  • 発売日: 1951/03/02

 

 

  • メディア: 文庫

 

 

  • 購入: 5人 クリック: 49回

 

 

 

 

 

 

 

 

 三大文豪の1人、ゲーテ。

ゲーテってこんなに読みやすいんだね…訳が上手なのもあると思うけど。
若きウェルテルの悩みは、250年近く前の本だけど、古臭さもまったくなくて、ハマりそう。

--------------------------------------

海外文学はまだあまり手を出さずに日本文学から攻めていこうと思った前半に比べ、後半は海外文学にも手を染めてました。

ミステリー系をにょろにょろ読んで、SF系をぽろぽろ読んで、、、、

積読も増えてきたし、Amazonのほしいものリストも消化していけるようにしたいです。

海外文学も手を出して行って、


「世界文学ベスト100冊」は、どの1冊から読み始めればいいか - キリキリソテーにうってつけの日

参考にさせていただきたいと思います。