読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこさんちゃんねる

WEBであったり、写真であったり、カメラであったり、旅行とか、なんかそんな感じとかでどうでしょうか。

金城一紀「対話篇」

本の話

 【4月1日読了

対話篇 (新潮文庫)

対話篇 (新潮文庫)

 

 

自分の読書メモ見たら対話篇の篇の字を扁って書いてた。ちょっと恥ずかしい。

「青春」系の短篇集。
甘酸っぱい思い出集かと思いきや、後半に行くにつれ、なかなかシリアスになりつつ、最後のお話では胸が熱くなる、というか泣いた。

 

「いくら親しい人がいたとしても、会わなくなったらその人は死んじゃうのよ」

「どうしてこんなに言葉が足りないんだろ。大切なことを伝えたい時には、いつも小学生の時より言葉が足りなくなるわ」

「平凡に生きていくなら洞察力と想像力なんて必要ないんだ。他人が創り出した常識や価値観に寄り添って生きていったほうがいい。そのほうが幸せだ」

「正義は尊いし、なくてはならないものだが、ひどく面倒臭いものでもある」

 

青春系小説が好きな方はすんなり読めると思う。

それこそ、楽隊のうさぎやいちご同盟など。

装丁はシンプルなんだけど、下手に邪魔していない感じが好み。

 

1冊ごと書いてみようと思い立ったわけだけど、基本的に書評とか読まないし、人にどうやってこの本を紹介するのか、というのを考えて書いてみようと、ここまで書いて思った。次からかんばる。

 

ーーーーーーーー

今日は、すごく、さむい