たこさんちゃんねる

WEBであったり、写真であったり、カメラであったり、旅行とか、なんかそんな感じとかでどうでしょうか。

MENU

唯川恵「ヴァニティ」

 【2015-04-05 読了

ヴァニティ (光文社文庫)

ヴァニティ (光文社文庫)

 

 

"「こんなはずじゃなかった」--悩みながら、泣きながら戦っているすべての“彼女”たちのために。(><)女性読者かカバーも帯もない文芸誌のような造本の「唯川恵ひとり雑誌」。バッグに放り込んで良し、丸めて手に持ち歩いて良し、女子必携の1冊。圧倒的な支持を受ける唯川恵が、アンソロジー等に執筆した中短編をまとめた傑作集。恋愛。結婚。仕事。浮気。不倫。出会いと別れ。女同士の友情。嫉妬--。女の数だけ、ドラマがある。幸せになる女がいれば、不幸になる女もいる。"

女性向けの一冊。たぶん20代後半から30代前半あたりの方がメインターゲットとなるのではないかと思います。

ひとりひとりの女性のお話の短篇集です。

自分は男の方なので、「共感」というものは無く、「ほぉー」という「知識」としての吸収、でもまあ山手線に乗っている中に、こんな人もいるんだろうな、という感じです。

少し分厚目の本なので、通勤時、手の空いた時にチラって読むのが良いのではないでしょうか。

忘れられない何かがあるって、忘れてしまいたい何かがあるより、ずっと価値があるはずだろう。

「私は、好きって気持ちを伝えることを恥ずかしいなんて思わない。本当に恥ずかしいのは、好きって想いを笑う方だと思う」