たこさんちゃんねる

WEBであったり、写真であったり、カメラであったり、旅行とか、なんかそんな感じとかでどうでしょうか。

乱れ読み。

面白そうな新刊があっても、「いやまだ名作とか名著って呼ばれてる作品読んでないじゃん?それ読んでから買えよ」ってゴーストが囁くんだけど、そうなると、1日数百冊、一ヶ月に数万冊と発刊される書籍が、どんどん入れ替わっていく。

こうも毎日読みきれない本が出版されて、「読書家」と呼ばれる人たちは読みきれるのだろうかと思うわけ。

古典から近代書、現代書とさ、、、、一体どれだけあるんだよって感じ。

まあ個人個人に合わせた本というか、当たればもうけもんというか、、、そういう状況なのかな。

読みたいな-って思ってる本をリストにどんどん突っ込んでいったら、700冊近くになって、困った。

1日1冊読んだとしても、365冊。さあ新刊だぁああぁぁあってなるのに、2年後?

読んでるうちに、あ、この本面白そうだなーって思ってリストにどんどん入れていったら、さらにまた伸びていくわけか

と、社会人になってからこうもがっつり読書にハマっていて、高校生とか大学時代にちゃんともっと読んでおけばよかったって思うんだけど、

夜のピクニックとか、楽隊のうさぎとか、青春系、冒険系はあの時代に読んでおけばもっと変わったかなって思うけど、

ショウペンハウエルやら、セネカ、限らず、山田詠美、有川浩さんとか、社会人あるある、ちょっと大人の恋愛模様とかは、この年齢だからこそ感じるところがあるんだなって思ってる

中学時代に、罪と罰を読んだけど、よくわからんかったし、シャーロック・ホームズを読んだときは、ひねくれたクールな紳士になりたいと思ったし。

で、表題の乱れ読み、乱読をしていると、まだまだジャンルを絞るのは早いなと思い、いろんなジャンルを読むと、同じ著者の本をなかなか揃えることが少ない。

たまたま古本屋で見つけた時とか、シリーズものとかは別だけど。

 

つまり、もっと本を読む時間欲しくて、もっといろんな本が読みたい気がする。