たこさんちゃんねる

WEBであったり、写真であったり、カメラであったり、旅行とか、なんかそんな感じとかでどうでしょうか。

コンパクトフィルムカメラのCONTAX T2はやっぱりいいぞ!

高級コンパクトフィルムカメラCONTAX T2を買いました。こんな記事を書いてから2年経った。最近はCONTAXが人気みたいで、どこでもCONTAX T2やCONTAX T3が異常な値上がりしてて買えないわ…と聞く。というわけでせっかくなのでもう一回CONTAX T2のいいところを褒めちぎっていきたいと思う。

f:id:tako3ch:20180516202806j:plain

CONTAX T3と何が違うの?

CONTAX T2

京セラから1990年に当時の定価120,000円で発売。ボディーの素材にはチタンを、ファインダーカバーガラスにはサファイアガラスを、フィルム圧板には京セラのセラミックを新たに採用。(バブル)

  • 単焦点38mmで、味のある写り。
  • 絞りはレンズ部分のカチカチを回す。少し小さいのでたまに困る
  • 露出補正やMF切り替えなどはダイヤルで。
  • AFに癖がある。フィルム1本撮って、現像して次は気をつけようと思ってだいたい次は忘れる。
  • チタン製なのでそりゃもう高級感ぱねぇ。
  • シャッター最高速は1/500秒
  • 最短焦点距離は0.7m

CONTAX T3(調べたり聞いたりしたこと)

コンタックスブランドのコンパクトカメラ最後の機種、2001年に当時の定価98,000円で発売。

  • 35mm、写りはより今風になった
  • AFはT2よりも進化。
  • 前と後ろのみチタン。高級感は少し減った(バブル終わった)。
  • シャッター最高速は1/1200秒に。
  • 露出補正やMFにはボタンを押してからダイヤルを操作。
  • 最短焦点距離は0.35m

バブル世代と、ミレニアル世代みたいな感じになっちゃった。上の箇条書きを要約すると、好きな方を買えよって話らしい。値段はCONTAX T2 < CONTAX T3。

そりゃCONTAX T2の発売が1990年で、CONTAX T3の発売が2001年なので、10年の知見が盛りだくさんなわけです。10年は怖い。10年は怖い…

まずは見た目

ボテッとした見た目なところがまずかわいい。ふっくらした柴犬みたいである。軍艦部もダイヤル群、シャッターぐらいでスッキリとした印象。こういう部分大事。サイズ感は写ルンですとそこまで変わらない。
ポケットにいれようと思えば入る。けどもっこりするからあんまりおすすめはできない。 

001

これは3万円ちょいぐらいで購入して、2万円でオーバーホールしてもらった。オーバーホールしてもらって2万円と言われた時はびっくらこいたけど、今考えると正しい選択だったなぁと思う。いまは10万円ぐらいするから半額ぐらいの値段。

撮った写真たち

002

金時計の上のところから。

003

大名古屋ビルヂング…?違うかな…?

007

これは大須の橋の欄干に置いて撮影。モノクロフィルム。

DH000025

大須商店街らへん。

000022-3

大須商店街、赤門らへん。

000021-3

大須の近くの…神社かな…

DH000011

出勤前の白川公園。

旅行

006

男木島にて。

005

男木島で。

004

これも男木島。波の感じとか空の感じとかね。

どこか忘れた

FH000014

どこだっけ…松原のとこ…なんとかの松原…。

FH000008

清水?なんか静岡の方。

DH000021-2

忘れました。山。きれい。

000030

多分夜行バスで降り立った新横浜か横浜駅付近で、迷子になってる早朝の写真。

000010-3

知多のほう。

000009-3

知多の方の、灯台。野間灯台だ。

000008-3

あのー、なんかお花とかが詰めたりできるところ……

人間とかポートレートそのた色々

FH010020

島根県立美術館からの夕焼けです。最近のやつ。フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

FH010012

藤枝に行った時の喫茶店。フジカラー SUPERIA PREMIUM 400

FH010009

藤枝にいったときの藤の棚の下。これはフジカラー SUPERIA PREMIUM 400

000029

いつかの結婚式のフリー素材のひとたち(嘘です)

ほら真ん中外してる!!

000019-3

これも大須らへんだ。

000012-2

いつかのあきちゃそ。

使い勝手とか使用感

フィルムは自動で巻いてくれて、1本撮り終わったら自動で巻いてくれる。

電源をいれると意外に素早く「準備できてまっせ!」って感じでレンズが飛び出してきてくれる。

撮影時は、オートフォーカスなんだけど、ファインダー内に丸が2つあって、そこそこピントを外す。中心におきたいなーとか思っていて狙うと後ろにあたったりしてる。びっくりサプライズ。サプライズが好きな子なんだなぁ〜という認識でいいんだ。

撮る時はF値を決めてピントを決めて押すだけ。F値はファインダー内にシャッター速度が点滅するのでそこでだいたい決めることができる。

揺れ動くのは「写ルンです」

2年ほど使ってきて、Rollei35 SEとかにも手を出して、一番立ち位置被りをするのが「写ルンです」。写ルンですを持ち歩くと、「あぁもうフィルムカメラこいつでいいや」感がにじみ出てきます。写ルンですで撮った写真を見ても、「いいじゃないですか〜」ってなるもん。こいつすげーよ。撮るのも簡単だし、軽いし。簡単だからこそ奥深かったりするし。

とは言え!CONTAX T2で撮った写真をみると、フィルム自体の色味の違いはあるけども、やっぱり違うなってなりますね。パッキリと写してくれるところ、白黒の粘り強さ。発色とか。

秋とか冬の思い出(写ルンです) - たこさんちゃんねる

まとめ

すっごく個人的なまとめをすると、いいところというか愛着の持てるところなのは「同い年」というところなんですよね。

1989,1990年はバブルの時代(崩壊)。もう30年近く。オールドレンズ扱いされ始める古さですかね。

そんなカメラといろんなところに旅行にいったり、いろんな風景をみるのは、幼馴染というか長年連れ添った人みたいなイメージもなくもないような…気がします。うまいこと言えないけど。

この子も中古で買ったので、自分の前のユーザーがいろんな風景をみせていたかもしれないし、大事にしまっていたかもしれないし、、、という感じで、、、、

大事につかっていきます!いいカメラだよ!!まとまった?まとまってない?そんな簡単にまとまるものか!